貝の口をふっくら結んでみよう!

貝の口結びをふっくらと結べる方法をご紹介いたしますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

帯を一巻きして、手先は40cmくらいを三角に折ってクリップなどで固定しておき、胴に二巻きをしたらググッと締めて固定します。

垂れ先を三角に折り、肩にかけていた手先に被せて結び、垂れ先を全て出したらギュッと引っ張ってから垂れ先を広げるのです。

垂れ先は40cmくらいの感覚で巻き畳み、ふっくらと厚みを作りましょう。

帯揚げを垂れ先の輪っかに通したら、帯の山の上に乗せて、背中側で帯揚げを結び、束になっている帯先を三角に折り返したら、余っている手先を輪っかの中に入れて、いつもの貝の口結びのように結び、形を整えましょう。

あとは帯締めをして、結んだ部分を背中側へと回したら完成ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る