草履を履く前に、鼻緒の調整をしてみよう

着物で草履を履くなら、自分で鼻緒を調整する方法を知っておくと何かと便利ですよ。

草履を買った時の最初の状態は、誰の足にも合うように調整されていますが、手で軽く鼻緒をしならせておくと、足当たりが柔らかくなって履きやすくなりますよ。

自分の足に鼻緒が合うかどうかは足を当てて確認してみて、それでも痛いと感じる場合には、再び何度か手で鼻緒をしならせると履きやすくなるのです。

それでも足が痛いと感じる場合には、草履の裏にある釘を外して鼻緒の麻紐をゆっくりと解き、中の2本の麻紐を少し緩めてみましょう。

この状態で鼻緒を手で軽く引っ張ってみると鼻緒全体を少し伸ばすことができますが、鼻緒を引っ張りすぎると麻紐が抜け落ちる可能性がありますので注意が必要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る