草履と下駄の豆知識とは

着物を着るなら小物まで揃える必要がありますが、履き物では草履や下駄といった日本の伝統的な物がありますので歴史を理解した上で選ぶようにしましょう。

草履と下駄は足をかける鼻緒と足を乗せる部分のみのシンプルな構造で作られていますが、古くからの歴史があり当時は藁などで作られていたようです。

草履にも様々な種類があり、現代では植物性素材だけでなく、皮やビニール、ウレタンなどの素材を仕様して作られていて、日本独自の履き物文化を継承しながら今でも親しまれているのです。

鼻緒に足の指をかけて、指に力を入れて歩くため、足の筋肉が鍛えられるだけでなく、姿勢を正すこともできます。

草履は蒸れや締め付けを感じたり、外反母趾になることもありませんし、着物だけでなく普段着のときに履いても違和感がありませんよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る