初心者にもわかる!着付けの手順

着物初心者の方は、自分で着付けようと思っても着付けの順番で迷ったり悩んでしまうかもしれませんので、初心者にも分かる着付けの方法についてご紹介いたします。

長襦袢の上から着物を着ていきますが、着物の掛け衿を軽く折り込むようにして手に持ち、手を後ろに回して片側ずつ肩にかけていき、袖に腕を通したら振り部分を整えます。

背中心が動いていないかどうかの確認を行うために、掛け衿を再び合わせて空いた方の手で背縫いを軽く摘みつつ前後に動かしましょう。

お端折りを上げたら着丈を決めていきますが、床から2〜3cmくらいの位置がちょうど良いので、左前から体に当てて7〜8cm引き上げるようにして、上前を被せましょう。

帯を巻いて全体を整えたら完成ですから、ぜひ着物を着る際の参考にしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る